6to4とは

提供:Tokyo6to4
移動: 案内, 検索

概要

  • IPv4ネットワーク上でIPv6パケットを転送する技術
    • 明示的なトンネル設定は不要
    • IPv6導入初期の技術; Native IPv6 ネットワーク環境までのつなぎ

特徴

  • ISP側のIPv6対応不要
    • ISPがIPv6接続サービスを提供しているかどうかを問わず、IPv6 インターネットへの接続性を提供
  • 他のトンネリング技術との比較
    • グローバルIPv4アドレスが必要(NAT非対応)
    • 動的にトンネルを構築: 明示的な設定は不要
  • 自律分散的な運用
    • 世界中の6to4リレールータ運用組織がIPv6インターネット接続性を提供
    • 主体的な経路制御や品質保証は困難
  • IPv4グローバルアドレスをIPv6アドレスにマッピング
    • 例:
      • 192.0.2.42の場合 2002:c000:022a:::c000:022a となる
上位48bit 下位80bit
3bit (FP) 13bit(TLA[1]) 32bit (IPv4アドレス) 16bit (SLA ID) 64bit (インタフェースID)
2002: [2] c000:022a:  ::c000:022a [3]
c0(192) 000(0) 02(2) 2a(42) 任意
Notes:
  1. RFC3056発行時点に有効だったRFC2374に基づく。現在はRFC3587に基づく階層構造に変更されたため TLA/SLA は廃止されており、Global Routing Prefix および Subnet ID に変更されている。
  2. RFC3056による
  3. 実装依存。この例は Windows XP SP2 以降の場合

6to4の注意点

  • グローバルIPv4アドレスが必要
    • NAT 内の環境からは6to4を利用できない
      • ただし、NAT箱が6to4に対応している場合(例: Airmac Extremeなど)には、NAT箱が6to4を終端し、LAN内の通信はIPv6とすることができる
個人用ツール